ロボットへの強い愛

  • 時間が必要です。1つ目は話し合いの芸術では、精巧な会話ができるようになるまでに時間がかかります。音声認識は、人が言うこと、彼女が使用する単語のもう1つの落とし穴です。現在、ほとんどの単語を含む音声認識ソフトウェアプログラムがたくさんあります。誰もが非常に特殊な話し方をしていて、人工知能はまだすべての発音を認識できていません。数十年かかるでしょう。だから、ロボットとの結婚は2050年まで始まらないと思いました。ロボットは説得力があるからです。あなたが言うすべてを理解することができるでしょう、彼らはチャットすることができます。

    売春の問題を解決するために性的ロボットが言及されることがありますが、大人のおもちゃとはどのように異なりますか?

    恋に落ちて人のように見えるとしたら、ロボットで寝るのは騙されると思いますか?よく聞かれますが、ロボットで誰かを騙しているとは思いません。女性の数を見てください。バイブレーターを使う人だと思いますか?

    しかし、恋に落ちたら、もうバイブレーターと比較することはできませんか?それは本当です。それは個人的な決定になります。だまされたと感じる人もいれば、そうでない人もいます。これは本当の違いです。これらは2つの異なる状況です。

    論文に従えば、ロボットと結婚してしまうので、人と同じになりますよね?そうですね。マサチューセッツ州で初婚が祝われるとさえ予測していました。まず、最も進歩的な州だからです。米国では、これは同性結婚について真剣に考え始めた最初の場所の1つであり、AIとロボット工学を専門とする多くの企業があります.20世紀の間に、結婚のアイデア、何をすべきか合法であるかどうかは、かなり進化しました。たとえば、それほど昔の米国では、白人が黒人と結婚することは違法でした。21世紀には、少なくとも米国の一部の州では、ラブドール sexの結婚を許可します。私たちは、おそらく兄弟や姉妹を除いて、人々が望む人と結婚する権利を持っているべきだと考えます。それは新しい奇妙な動きかもしれません。

    中国の等身大ドールメーカーは3Dプリントを使用しています

    中国の最高品質のダッチワイフメーカーの1つである中国のDSドールは、3D印刷を使用して、私室スタイルの商品部品を製造しています。同社は、毎月400のカスタムメイドの性別ロボットモデルを製造しており、プレミアムな本物のダッチワイフの価格は5,000ドルにもなります。 DS Dollは、生産性と速度を向上させるために、3D印刷技術を使用し、現在この技術を使用して世界中の顧客向けの性別ロボットを製造しています。3D印刷は、企業が材料の無駄と開発のタイムラインを削減し、特定の均一な形状を作成および作成できるようにします。人形のパーツはすべて同じです。

    ヨーロッパの旗艦代理店であるCloudClimaxで働くSamは、次のように述べています。「DS Dollは、3Dプリンターを使用して、ロボット人形のプロトタイプ用の多くの部品を製造しています。

    本当の愛人形のセックス
    「彼らはこの技術を使用して人形ロボットの速度と処理時間を改善しています。以前のキャストを作成して作成する必要がありましたが、今ではより高速にインポートして印刷できるようになりました。

    「この技術は、本物の人間から開発できるため、新しい人形の体や顔を作成するのに理想的です。プレイ可能なDS人形の近い将来、この技術は、ロボット工学の製造に不可欠な重要な部分になるでしょう。